So-net無料ブログ作成
検索選択

CANOPUS Birch [ドラム]

100330.jpg
 2日連続でドラムセットが納品されました。ひとつはこの カノウプス バーチ ブラックサテンのセット。

 もとは右の写真のような、24インチバスドラムの大口径多点セット(白鳥雪之丞 仕様)でしたが、24インチバスドラムは私の車に積めないので・・・ 構成を変えて委託販売に出し、残りのタムタムと新規発注の 22インチバスドラム、16インチフロアタムで再編成。上の写真のように3点セット、あるいは10インチタムを加えて4点セットで使います。
 カラーリングは佐野康夫さんのセットと同じブラックサテン。(他に白やオレンジもお持ちのようですが)

 このブラックサテンというのは、セルロース調カバリングの上に布地を貼り付けたもので、見る角度によって模様の見え方が異なるという、普通の光沢のカバリングとは一味違った仕上げになっています。レトロというか、このタイプのカバリング自体はかなり昔からあるようですが・ね。
 ところで、よくサテンと表記される仕上げでも、本当にサテン(朱子織)生地を貼りつけたもの、ステイン転じてオイル仕上げ、単なる微光沢仕上げをそう呼ぶものなど、いろいろあってよく分かりませんね。

 購入してしばらく時間が経ちましたが、ライブハウスでライブするにしてもドラムセットの持込までさせてくれるところは無く、宝の持ち腐れ状態。まだ練習スタジオを借りて2度ほど持ち込んだ程度。もっともっと使ってあげなきゃ、と出番を探ってます。

 サウンドは、よく音量が豊かだなんだと言われますが、2台並べて叩き比べるわけじゃないのでぶっちゃけ音量の違いは分からないというか・・・ しかし以前の TAMA Superstar Custom に比べてよりアタックが明確になりつつも、より低域が伸びてふくよかになっているのは感じます。レッスン教室にある YAMAHA OAK Custom なんかは、重低音と引き換えに全体の音量は減ってしまいますが、これはそういうこともなく単純に深みが増している感じです。(それがヴォリュ-ム感がある、っていうことなんですかね?)

 もうひとつは、この前日に受け取ってきた TAMA Starclassic Maple / Blue Galaxy Fade の6点セット。まだ写真がありませんが、2006年度のカタログを見て気になっていた現在は設定が無い色なのですが、多少の特注費を上乗せすれば作れるとのことだったので、思い切って買ってしまいました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る