So-net無料ブログ作成
検索選択

電子ドラムとの出会い [音楽]

(昨日の続き)

 BSデジタル放送の番宣で衝撃的なタイトルを目にします。「CASIOPEA vs THE SQUARE」 あの二大バンドが夢の競演、というものです。いや確かに、この2つのバンドが大好きな私としては見ないわけにはいかない。このためにわざわざBSデジタルチューナーを買いました。その内容はなかなか楽しめたわけですが、2つのバンドのドラマー、神保彰氏と則竹裕之氏が一緒にドラムを叩くシーンがあり、このシンクロっぷりが凄い! 録画を繰り返し見ているうちに、ドラム叩きたいと思うようになりました。

 音楽部や吹奏楽部にいたといっても部活でドラムセットを叩いたことはなく、数回、余興で叩いたくらいのもんです。でるからリターンというより全くの入門者という状態。でも、とっても叩きたいと思うようになりました。しかしドラムはコスト、場所、騒音、最も敷居が高い楽器だともいえます。電子ドラムというものがあるのは知っていましたが、値段が高く演奏感もあまり良くなく、買いたいと思うほどではありませんでした。なので実際に入門することができなかったのですが、前述の二人がユニットを組んで活動したことがきっかけで前進します。

 神保彰と則竹裕之の二人は、先に紹介したそのライブがきっかけになり、Synchronized DNA というユニットを組んで活動を始めます。なんとドラマー2人だけで、他の楽器奏者はいません。ライブとか、その都度ゲストミュージシャンを呼んでくるのかなーと思っていたらさにあらず。ちゃんとメロディーもバッキングパートもあります。なのにステージにはお二人だけ。「なに?」「どうやって??」 ... 詳しくは YouTubu で検索するなりしてみてください。
 で、そのお二人のライブ、Synchronized DNA 「オトナノキモチツアー2007」を見に行きました。会場の入り口に電子ドラムが展示してあります。「YAMAHA DTXPRESS IV」 聞いたらお値段は10万円台半ばとのこと。「あれ、そんなもんなんですか、昔30万円くらいしませんでしたっけ??」

 気がついたら、手元には各社電子ドラムやアコースティックドラムのカタログが...


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。